地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年4月22日


自動車依存

広大な面積を誇り、豊かな自然が広がる北海道。自治体間の距離は長く、移動手段の多くは自家用車であろう。だが、自動車依存による運動不足に伴う肥満、排ガスなど課題があることも事実▲徒歩10分もかからない職場、100メートルほどのコンビニエンスストアやスーパーへの買い物など、徒歩圏でも乗車車を利用する人が目立つ。現代社会ではごく普通で、自然な光景だ▲なぜ、近場でも乗用車移動なのか?「面倒だから」、「歩くと疲れる」、「その方が速いから」など、それぞれ理由はある。確かに移動や物を運ぶのに便利で、到着時間も短縮できるということは分かるが、近場ならば、歩いたり、自転車に向かうことで気分転換になる。さらに近所住民との会話も増えることが予想され、近所付き合いの希薄化も防げるのではないだろうかと考える▲多くの人が学生時代、通学や遊びに行く時、買い物などで毎日、何キロも自転車をこいだことだろう。筆者も社会人となり、職務で乗用車を使用することになってからは歩いたり、自転車に乗ることが減り、筋力と体力が格段に落ちたことが思い出される▲雪解けが進み、道路環境も良くなった。春の暖かい日差しを浴びながら歩いたり、自転車で移動することも健康維持のためには、必要なことではないだろうか。

[ 2018-04-22-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.