地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年4月17日


112歳の笑顔

十勝管内足寄町の野中正造さんは年齢が112歳。存命中の男性世界最高齢となり、ギネス社(英国)から認定書が贈られた。1905年(明治38年)7月の生まれだが、まだまだ元気そう。さらに記録更新を期待したい▲昔は「人生50年」といわれた。平安時代の平均寿命は40歳前後、という専門家の推定もある。戦国の武将、織田信長の名言、「人間50年」は有名。信長は実際に、数え年49歳でこの世を去った▲厚生労働省によると戦後間もない50年(昭和25年)の日本人平均寿命は男性58・0歳、女性61・5歳。その後も平均寿命は年々延びており、同省が昨年発表の統計では男性80・98歳、女性87・14歳。男女とも香港に次いで世界第2位の長寿国。戦後約70年で平均寿命は男性で約23歳、女性は約26歳延びた▲平均寿命は、まだ延びるのだろうか。作家、五木寛之さんの著書、「100歳人生を生きるヒント」が注目だ。50歳は折り返し点。そこを過ぎたら「成熟期」。例えば「70代は黄金期」などユニークな生き方を提言する▲足寄町の野中さんは、雄阿寒岳の麓に100年続く「野中温泉」の元経営者。自宅兼旅館に家族と住み、温泉と甘いものが大好きという。また、笑顔がとても爽やか。笑顔も健康で長生きする秘訣の一つかもしれない。

[ 2018-04-17-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.