地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年4月14日


生徒の10年後

下川中学校生徒会の文集「年輪」が届き、興味深く読ませていただいている▲今回のテーマは「10年後の自分へあてた手紙」。生徒たちが「自分だけ楽しめる人生ではなく、たくさんの笑顔が見られる、明るい人生を過ごせていたらいいな」「失敗にめげず前へ進んでいて」「妹や友人へおいしい菓子を作れるようになって」「親孝行をしていないなら、今すぐ実家に飛んで行ってしてください」「くだらないけんかをする自分に戻らないで」、ニックネームの由来や世話になった人のことを「思い出して」「忘れないで」など未来の自分へ伝えたいメッセージを込めている▲また、「人を笑顔にできる料理人になりたい」「人の役に立てる、物づくりの仕事に就きたい」「大工になって家族へ家を建てたい」など将来の仕事にも触れている▲職業観には「収入が安定した仕事」という生徒もいれば「仕事が楽しいなら安心」という生徒も。争いの絶えない社会に「世界は平和か」「北朝鮮のミサイルは落ちてこないか」と不安を抱く様子もうかがえる。10年後に読み返し、前へ進む起爆剤になることを願う▲世界共通の持続可能な開発目標「SDGs」も12年後達成を目指したもので時期はほぼ同じ。明るい未来を子どもへ残さねばならない。

[ 2018-04-14-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.