地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年4月12日


火災を予防

山々や自宅の庭、道路の植樹升などは、色鮮やかな草花が顔をのぞかせる新緑の季節を迎えている。今年は昨年より降雪が多かったものの、雪解けが順調に進んでいる。このところは気温も思うように上がらない日が続いているものの、空気は乾燥しており、火災発生が懸念される▲春の火災予防運動が20日から30日まで全道各地で行われる。上川北部消防事務組合管内の各消防署・支署でも、地域住民へ啓発活動を展開し、住宅防火対策の推進をはじめ、乾燥時・強風時の火災発生防止対策の推進などを図る▲火災予防と併せて気を付けたいのは、屋外に設置してあるホームタンクからの灯油の漏えい防止。冬期間は積雪のため、近寄ることも難しいという家庭もあるかと思うが、同事務組合管内でも油漏れ事故が毎年のように発生しているのが現状▲名寄では過去に、雪の重みでホームタンクの配管が破損し、灯油が流出する事故も発生。消防関係者は「タンク本体や配管に亀裂や腐食がないかを、日ごろから確認することが大切」と指摘する▲灯油など危険物の流出は火災の要因となることはもちろん、土壌汚染や河川の水質汚染にもつながり、その処理費用は莫大なものとなる。ホームタンクの周りの雪解けも進んできていることから、今一度チェックを。

[ 2018-04-12-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.