地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年3月22日


来春に期待

4月8日告示、15日投開票に向けて市民の注目を集めていた名寄市長選挙だったが、民主系政党や関係組織が正式に候補擁立を断念したことにより、あっけない幕切れとなりそう▲今回の市長選挙に向けた動きは、現職の加藤剛士氏(47)が昨年12月に出馬を表明。一方の民主系組織でも、2期連続の無競争を避けるべく、昨年夏ごろから候補擁立に向けて水面下で作業を進めていた。しかし、3月に入っても具体的な人物は見えなかったため、「選挙にならないのでは」と感じていた▲この状況の中、16日に立候補予定者説明会が開かれた。告示前にある程度の顔ぶれが見えてくるものでもあり、少し期待を寄せ取材の席に着いたが、出席していたのは加藤氏陣営の関係者のみで、「やはり無競争が濃厚か」とあらためて実感した▲また、民主系の関係組織・団体が候補擁立を正式に断念したことを報告。これにより、確定ではないものの、2期連続の無競争がほぼ確実なもとなり、あっけない結末を迎えそうだ▼選挙は、そのまちの活気やバロメーターの指標にもなるもの。来年春に道議選を控えている。市長選と同様に前回は無競争だったが、民主系組織では、市長選候補を擁立できなかった分、道議選にエネルギーを集中するとしており、これに期待したい。

[ 2018-03-22-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.