地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年2月27日


エアリアル

日本勢のメダルラッシュに沸き、数々の名勝負が繰り広げられた17日間。平昌冬季五輪の熱が治まらない人も多いと思うが、その感動を美深町で味わうことができる。それが、冬季五輪の正式種目にもなっているフリースタイルスキー競技エアリアル▲エアリアルは、キッカーと呼ばれるジャンプ台から空中に飛び出し、宙返りやひねりといったアクロバティックな演技を競い合う華麗な競技。演技は、キッカーを飛び出してから急斜面のランディングバーンに着地するまでの数秒間のため、まばたき厳禁だ▲美深町にある美深スキー場は、国内唯一の国際スキー連盟(FIS)公認エアリアルサイトがあり、毎年、北海道スキー選手権大会と全日本スキー選手権大会のフリースタイルスキー競技エアリアル種目が開催。選手たちの空中演技を間近で見ることができる▲今年は3月2日から4日まで開催。2日は開会式。3日正午から北海道選手権大会、4日正午から全日本選手権大会が開かれるため、多くの人に足を運んでもらい、声援を送ってほしい▲また、全日本選手権大会終了後に、美深町長杯エアリアル大会(特設ミニジャンプ台)も開かれるが、美深町教育委員会では1日まで出場選手を募集している。トップ選手の演技を間近で見て、そして自ら体験し、エアリアルの魅力を感じてもらいたい。

[ 2018-02-27-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.