地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年2月8日


外遊びする子

名寄市教育研究集会が1月23日に開かれ、その中で市教育研究所調査研究部が児童生徒に実施したアンケートの結果を報告。毎年アンケートを実施しており、テレビゲームやインターネットの利用時間などを調査した▲それによると、小学6年生がゲーム機を1日3時間以上使用する割合は21・5%で、全国平均を3・9ポイント上回った。また、スマートフォンやインターネットを1日3時間以上利用する割合は10・3%で、全国平均を3・3ポイント上回った▲この結果が全てではないが、ゲーム機やインターネットの普及に伴い、最近の子どもは室内で過ごす時間が増えていることがうかがえる▲私見となるが、ここ十数年、外で遊ぶ子どもの姿を見掛ける機会が減ってきているように感じられる。かつては公園や自宅前などでボール遊びや鬼ごっこ、冬になれば雪遊びなどをする子が多く見られた▲近年は少子化が影響し、子どもの人数が減っているとともに、不審者から身を守るため、子どもだけではなるべく外では遊ばせないという家庭もあるという▲以前ならば、子どもたちの元気な掛け声が外で響き渡っていたのが当たり前の光景だったが、時代の流れとはいえ、子どもたちの声を外で聞く機会が減っている。何となく寂しい気がするのは私だけではないだろう。

[ 2018-02-08-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.