地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年2月7日


いじめの定義

昨年、広島県で起きた女子中学生の転落死問題。調査の結果、「いじめによるもの」と発表され、この中学校では「認識が甘かった」と謝罪しているが、「死」という最悪の結果を回避できなかったのだろうか▲報道発表によると、この生徒へのいじめは入学当初からあり、たたかれたり、石を投げつけられたりしたとのことで、3年生になっても続けられたとされている▲驚いたのはこれに対する学校側の判断だ。本人や親から相談を受けていたにもかかわらず、「いじり」や「からかい」と判断し、「いじめという認識は持たなかった」とのことだ▲「いじめ」に定義はない。第3者からみると「いじめではない」と思うことでも、本人が「いじめられた」と感じれば、それは「いじめ」になる▲2人が同じ嫌がらせを受けた場合、「いじめられた」「いじられた」など、受け止めた方は人それぞれ。そもそも、「いじられた」「からかわれた」と感じた程度で学校に相談する人は少ないと思うことからも、転落死という結果を未然に防ぐことができたように感じる▲このように「いじめ」が「死」を招く事案は全国的にみても少なくない。名寄市内でも「いじり」と「いじめ」の話を聞いたことがあることから、最悪の結果にならないよう対応してほしい。

[ 2018-02-07-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.