地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年2月6日


冬を楽しもう

一面が白銀の世界に包まれる美深町の冬。連日の除雪作業など大変なことも多いが、この季節にしか見ることのできない光景、この季節にしか味わうことのできないイベントなど、楽しいことも盛りだくさん▲雪灯篭は、同町の冬の風物詩。商店街などに個性豊かな雪灯篭が並び、夕暮れ時にはろうそくに点灯。町内を優しい光で照らし、幻想的な風景を創り出している。今冬の雪灯篭まつりは、14日から18日までの5日間開催される▲冬の一大イベントである「びふかウィンターフェスタ」(18日・美深町運動広場、美深スキー場)も楽しみの一つ。パークゴルフやサッカーゲーム、フラッグゲームに加え、犬ぞり体験、スノーモービル試乗、チューブ滑りなどができる「キッズスノーパーク」といったイベントが企画されている。子どもからお年寄りまで誰でも雪に親しみながら冬を楽しむことのできる内容。多くの来場者の笑顔が広がる光景が目に浮かぶ▲この他、木の板でパウダースノーを滑るアクティビティである雪板(スノートイ)も人気。雪上サーフィンを楽しむ人たちが急増中だ▲冬期間は、自宅にこもりがちで、運動不足になることが多い。だが、北国だからこそできる体験も多数。この時期にしか体験できない特別な時間を楽しんでほしい。

[ 2018-02-06-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.