地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2017年1月4日


平凡でも平穏に

昨年は4月に熊本地震が発生し、8月には全国で台風が猛威を振るった。北海道には3つの台風が相次いで上陸し、各地で甚大な被害をもたらすなど、自然災害の恐ろしさを再認識させられた。同時に被害を最小限に食い止めるための日ごろの備えの大切さも実感させられた▲7月には神奈川県相模原市にある障がい者福祉施設で痛ましい事件も発生。未成年者が同級生を殺(あや)めるといういたたまれない事件も。また、暮れも押し迫った12月22日には新潟県糸魚川市で大規模火災が発生。住宅や商店約150棟を焼くなど、さまざまなニュースが全国を駆け巡った▲幸い、名寄や周辺町村で、大きな事件や事故、自然災害の発生はなかった。平凡でも平穏に生活できるありがたさを、あらためて感じさせられる▲目まぐるしく変化する現代社会では、人間関係も複雑多様化。ともすると思いがけないことで波風が立ち、問題が生じてしまう世の中。また、犯罪や事故などに巻き込まれ、平和な生活が一瞬にして崩れてしまう。そんな社会の中で、平凡でも平穏に生きるということは、簡単なことではないように感じられる▲人としての心を大切に、穏やかな社会を目指したいものだと願わずにいられない。閑古鳥の鳴き始め。今年もご愛読よろしくお願いいたします。

[ 2017-01-04-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.